前へ
次へ

行政書士試験の合格率について

行政書士の試験は、難関国家試験のひとつに数えられていますが、合格率は年度ごとに差があるのが現状です。平成18年に新試験制度に移行してからは、概ね合格率は、5パーセントから9パーセントで推移しています。行政書士試験は、絶対評価の試験となっています。合格者の定員を設けてはいないので、問題の難易度が合格率に反映されるというわけです。ゆえに、合格率というものは、あくまでも目安ということです。試験問題の傾向としては、平成18年からの新試験制度以降、かつての純粋に法律の知識を問う問題から、理解型問題への質的変化が見られます。知識だけでは解けくなってきており、確実に難易度は上昇傾向にあるといえるのが現状です。

top用置換

top用置換2
Page Top